文字サイズ
環境設定 使い方 戻る 停止 再生 次へ ふりがな

ブログ記事検索

最近の記事

カテゴリー

投稿カレンダー

2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

年間アーカイブ

最近のコメント

月間アーカイブ

人気のブログ記事

図書館イベント情報
2021年7月25日(日)PM2:41|投稿者:KCLスタッフ

博物館×中央図書館 令和3年度ML連携企画(第2弾)「神社の来歴のみどころ」を開催します!

※8/19 10:00更新

三重県に対しての「まん延防止等重点措置」発出および桑名市独自の「感染拡大防止緊急措置」発令を受け、中止とさせていただきます。ご了承ください。

ML連携とは、博物館(Museum)と図書館(Library)が連携して、共通のテーマに沿って各館の資料を活用した企画を実施し、それぞれの館の特徴や役割を発信する企画です。

中央図書館では博物館展示テーマの関連書籍展示のほか、博物館職員等によるセミナーやワークショップを行います。昨年度に引き続き、年間を通して実施しています。ぜひご参加ください。

クリックするとPDFファイルで開きます

第2弾は博物館展示「神社の来歴 ~棟札を中心とした長島八幡神社のご神宝~」の開催に合わせて、関連書籍展示と桑名市ブランド推進課職員によるセミナー「神社の来歴のみどころ」を行います。

 

桑名市長島町西外面に所在する長島八幡神社は、近世期には長島城主の崇敬を受け、明治期以降から今日までは近隣住民の手により祀り伝えられてきました。同社に伝えられてきたご神宝の確認調査を実施しましたので、棟札の展示を中心に神社の来歴をご紹介します。

 

棟札(むなふだ)とは、創建、または修理に際して、その事実(建造の年月日や建築主など)を棟や梁に打ち付けた記録です。普段は目にすることのできない建物内部の高所に設置されるので、長島八幡神社の歴史がわかる貴重な資料となります。

 

博物館展示「神社の来歴 ~棟札を中心とした長島八幡神社のご神宝~」について、セミナーを聞いて、博物館展示への理解を深めてみませんか?

 

※8/9 9:15 追記
好評につき、定員に達したため、申込受付は終了いたしました。
ご関心をお寄せいただき、ありがとうございました。
(キャンセル待ちはありません)

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

企画名:博物館×中央図書館 令和3年度ML連携企画 セミナー「神社の来歴のみどころ」

講師:桑名市ブランド推進課  久保田 恵友

日時:令和3年8月21日(土) 午後1時30分から午後3時

場所:くわなメディアライヴ 2階 保健栄養指導室

定員:20名(先着順、事前申込制)※定員になり次第締め切ります

申込み方法:直接窓口、または電話で中央図書館へ

申込み開始:8月6日(金)午前9時~  ※受付は午後5時まで

問い合わせ:桑名市立中央図書館  〒511-0068 桑名市中央町三丁目79

☎0594-22-0562

カテゴリー:イベント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です