文字サイズ
環境設定 使い方 戻る 停止 再生 次へ ふりがな

ブログ記事検索

最近の記事

カテゴリー

投稿カレンダー

2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

年間アーカイブ

最近のコメント

月間アーカイブ

人気のブログ記事

図書館イベント情報
2021年6月1日(火)AM9:00|投稿者:KCLスタッフ

みなさま、いかがお過ごしでしょうか?ばんこです。

ジメジメしたこの季節がやってまいりました。
何をするのも憂鬱な雨の日が、少し楽しくなるような
そんな本を、紹介したいと思います。

 

「雨に濡れる」という事は、年を重ねるごとに、一つずつ嫌な理由が
増えて、避けたいものになるような気がします。
この絵本に登場するアヒルも、雨が好きではありませんでした。

 

水がすきじゃなかったアヒル
(スティーブ・スモール/絵と文,青山 南/訳 化学同人 2021.2)

 

ある台風の日に、迷子になったカエルの子がアヒルのうちに
やってきます。
アヒルは、カエルの子の家を探すことにしますが、
なかなかみつかりません。
雨が好きなカエルの子と、好きではないアヒルが、一緒に暮らすうちに、
少しずつアヒルに変化があらわれます。
自分の考え方を変えるほど、誰かと深く関わる機会は、
そうあるものではありません。
でも、そんな幸せな出会いの機会があれば、好きじゃないと思うモノも、
好きになるかもしれません。

いつも、想像すると笑ってしまう「機会(チャンス)の神様」
気にせず前髪を、ガシッとつかみに行きたいものです。

 

この絵本を読むと、久しぶりに雨に濡れてみるのもいいかも?
と思う事ができます。

どしゃぶり
(おーなり 由子/ぶん,はた こうしろう/え 講談社 2018.6)

夏の日。外に出た男の子は、降り始めた雨に傘をさします。
次第に雨は強くなり、どしゃぶりに。
男の子は途中で傘をさすことをやめます。

「傘をさすことをやめる」一体どんな気持ちなのでしょうか?
子どもの頃、そんなことがあったような気がします。
ぜひ、この本を読んで思い出してみてください。

 

雨を降らせる雲にはたくさんの種類があります。

 

くもとそらのえほん
(五十嵐 美和子/作・絵,武田 康男/監修   PHP研究所 2019.4)

空の探検家・空の写真家として有名な、武田康男さんの監修です。
五十嵐美和子さんのくもの絵と、その説明がとてもわかりやすく、
実際に、空を確認しながら読んでみたい本です。

 

もっとたくさんの空の表情が知りたい!と思ったら

 

空の探検記
(武田 康男/著 岩崎書店 2018.11)

空の探検家・武田康男さんがつくった『空の探検記』です。
寝っ転がってみた空の、どこが一番青いのか?そんな疑問にも、

写真付きで答えてくれます。
この本には、雲だけでなく、四季折々の空の様子、雪や氷、
夜空、天体、雷、竜巻等 空で起こるイロイロな現象がつまっています。
ぜひ、空を探検してみてください。

 

そんな空をつくってしまう動物たちの絵本があります。

 

そらをつくる
(村尾 亘/作・絵 小さい書房 2017.6)

絵を描くことが大好きなサルが住んでいる町は、
たくさんの家が建てられて、緑が失われていきます。
建物はどんどん高くなり、青い空を見ることもできません。
空が見えないために、動物たちの体調は悪くなっていきます。
そこで、建物の壁に青い空の絵を描く事にしました。
青い空の絵を描いては、建物を高くする。
実際の空は、どんどん遠くなっていくのです。
子どもの向けの絵本ですが、今の地球環境問題にも
つながっているような、深い絵本です。

 

さて、みなさんはどんな「音」なら、聞きたいと思いますか?
「おとや」はこの本の中のお店の一つです。

 

森のおみせやさん
(林原 玉枝/文,はらだ たけひで/絵 アリス館 1998.10)

いくつかの変わった「おみせ」が登場します。

『きつつきの商売』というお話で、きつつきが開いたおみせが
「おとや」です。
「おとや」では、できたての音、すてきないい音を、
四分音符一個につき、100リルで聞かせてくれます。
仕事のできない雨の日に、訪ねてきた のねずみの家族は
「おとや」の特別メニューを聞くことができました。「雨の音」です。

のねずみの家族が聞いた「雨の音」はどんな音なのでしょうか?
読んで確かめてみてください。
少し手を休めて、目も口も閉じて雨の音を聞く
そんな心の余裕を持ちたいものです。

 

晴れると目一杯、動いてしまいたくなりますが、雨続きのこんな季節に、
本を読みながら、ゆっくりとした時間をすごしてみるのは
いかがでしょうか?

 

 

参考図書

水がすきじゃなかったアヒル』(スティーブ・スモール/絵と文,青山 南/訳 化学同人 2021.2)
どしゃぶり』(おーなり 由子/ぶん,はた こうしろう/え 講談社 2018.6)
くもとそらのえほん』(五十嵐 美和子/作・絵,武田 康男/監修 PHP研究所 2019.4)
空の探検記』(武田 康男/著 岩崎書店 2018.11)
そらをつくる』(村尾 亘/作・絵 小さい書房 2017.6)
森のおみせやさん』(林原 玉枝/文,はらだ たけひで/絵 アリス館 1998.10)

カテゴリー:スタッフブログ, 児童

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です