文字サイズ
環境設定 使い方 戻る 停止 再生 次へ ふりがな

ブログ記事検索

最近の記事

カテゴリー

投稿カレンダー

2021年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

年間アーカイブ

最近のコメント

月間アーカイブ

人気のブログ記事

KCLスタッフブログ ~ブックとラック~
2021年11月12日(金)AM9:00|投稿者:KCLスタッフ

#kclスタッフおすすめ本 『十二単衣を着た悪魔』

【 とにかく読んで欲しい本 】

『十二単衣を着た悪魔』
(内館 牧子/著 幻冬舎 2012年刊)

 

「おのれ光源氏!」
思い出したのは、そう叫んだ友人の顔でした。
「源氏物語」の授業が始まった頃、展開される恋愛模様への不満がとうとう爆発した時のことで、この一言を皮切りに周囲から次々と文句が飛び出ました。
「浮気性すぎるぞ光源氏」「流されるな女性陣」「もっと諫めろ天皇」…等々
そして、誰かが漏らした呟きが印象的でした。
「名作って言っても、もう現代人の感覚だと受け入れきれないんだよね。」

 

思い出したきっかけは、この小説、『十二単を着た悪魔』
この話は、唯一光源氏と敵対し続ける女性、弘徽殿の女御を中心に書かれた小説なのです。
主人公は、弟へのコンプレックスを持った現代に生きる普通の男性。ある時「源氏物語」世界に入り込み、弘徽殿の女御の元で陰陽師として生きることに。
そうして、物語では描かれなかった話の裏側を知っていくのです。

 

話は「源氏物語」に沿って進みますが、光源氏を陥れようとしては毎回失敗する弘徽殿の女御の心境は、まさに「おのれ光源氏!」
そんな彼女は、もともと生まれる時代を間違えたような現代的な感覚と気の強さの持ち主。
光源氏の行動を非難する時は笑ってしまうほど的確で、それでいて自分の計画が失敗したら烈火のごとく怒ってすぐ復活。
その前向きさは悪役と知りつつも思わず応援したくなるほどです。

 

主人公も次第にほだされて彼女のために動くようになり、光源氏を始め様々な登場人物と出会います。
そして彼らの起こす騒動に巻き込まれていくのです。
騒動の原因は基本彼らの身勝手な行動なのですが、読み進める中でそこに隠された葛藤が徐々に明らかになっていきます。
そして主人公はやがて光源氏とも深く関わっていき…

 

解釈は人それぞれ、本来の源氏物語のままでいいという方もいるでしょう。
それでもこの話を読み終わった時、千年超えるくらいじゃ変わらない、身勝手で必死な人間の姿がそこに浮かび上がってきます。

 

「おのれ光源氏!」
それが感想じゃ、「源氏物語」は勿体ない。
そう思わせてくれる作品です。ぜひ読んでみてください。

 

 

 

▼本の貸出状況は、こちらから確認いただけます
『十二単衣を着た悪魔』

 

▼出版社
幻冬舎

 

▼書影画像元
版元ドットコム

 

※次回更新は2021年11月26日(金)の予定です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です