文字サイズ
環境設定 使い方 戻る 停止 再生 次へ ふりがな

ブログ記事検索

最近の記事

カテゴリー

投稿カレンダー

2022年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

年間アーカイブ

最近のコメント

月間アーカイブ

人気のブログ記事

KCLスタッフブログ ~ブックとラック~
2022年10月1日(土)AM12:00|投稿者:KCLスタッフ

「たべる」

こんにちは。ばんこです。そろそろ食欲の秋。
今回は「たべる」をテーマに、いろいろな本をご紹介します。

記憶に残っている中で、一番最初に「おいしそうだなぁ」「たべたいなぁ」と思った絵本です。

 

しろくまちゃんのほっとけーき
わかやま けん/[絵],森 比左志/[文],わだ よしおみ/[文]
こぐま社 1980

 

知らない人はいないのではないか?と思われるほど、長く読み続けられている本です。

現在でも、書架に並べばすぐに貸し出しされる人気ぶり。
桑名市のゆめはま文庫(2歳Cセット)にも入っています。
実は、ほっとけーきを作って、お片付けをするまでに、しろくまちゃんのエプロンは、色が何回も変わります。
何回変わるのか?何色に変わるのか?知っている人は、スゴイ!!

 

好きなものを「たべる」ことは、とても楽しいことですが、嫌いなものを「たべる」のは、大人になってもつらい…
誰かかわりに食べてくれないかなぁと、みなさん一度は思った事があるのではないでしょうか?

たべてあげる
ふくべ あきひろ/ぶん,おおの こうへい/え 教育画劇 2011.11

 

りょうたくんには、好き嫌いがたくさん。
誰かかわりに食べてくれないかなぁと思っていると、小さいりょうたくんが登場し、りょうたくんの嫌いなものを全部食べてくれるようになります。
何でも食べてくれる小さいりょうたくんは、どんどん大きくなっていき・・・
さて、最後に一体何を食べるのでしょうか?
衝撃的なラストです。

 

同じりょうたくんですが、この本にでてくるりょうたくんは、食べないわけではないのです。
でも、早く遊びに行きたくて、お茶碗に、ほんのすこ~し、お昼ごはんのシラス丼を残してしまっただけ・・・

しらすどん
最勝寺 朋子/作・絵 岩崎書店 2021.7

 

気が付くと、りょうたくんは、自分のお茶碗に残された小さなシラスになっています。
この後、りょうたくんは残されたシラスがどうなっていくのかを、身をもって体験します。
きれいに食べる、のこさず食べる。
大事な事です。

 

好き嫌いがあったり、残したり・・・この本は、そんなことありません。
好き嫌いなし!なんでも「たべる」男の子のお話。

いただきます。ごちそうさま。
あさの あつこ/作,加藤 休ミ/絵,東 雅夫/編 岩崎書店 2021.1

 

作者は、あさのあつこさん 岩崎書店の怪談えほんシリーズの一冊です。
このシリーズは、大人向けかな?と思う本もあるのですが、これは、ストレートにこわい。
なんでも「たべる」ことが、こんな風に怖い絵本になるとは・・・
なんでも「たべる」ことを、ちょっと考えてしまうようになるかも?

 

しんでくれた
谷川 俊太郎/詩,塚本 やすし/絵 佼成出版社 2014.4

自分たちの食べている物、お肉もお魚も、スーパーのパックしか知らない、という子もいるかもしれません。
毎日食べている物が、どのようにして自分の口に入ることになったのか、当たり前ですが、食べ物も命です。
谷川さんの詩は、本当に大切な事をわかりやすく教えてくれます。

 

「好き嫌いはダメ」「ご飯はキレイに食べなさい」言われたことも言ったことも、嫌になるくらいたくさんありますが、気持ちも所作も、ちゃんと「たべる」を子どもに伝えること、難しいなぁと思います。
自分の身を振り返れば、あまりきつく言うこともためらわれ、きれいごとばかりもちょっとなぁ・・・という時の絵本です。

読み終わった後、すこし考える余白のあるような絵本は、子供が読んでも、大人が読んでもいいなぁ、と思います。
一緒に読んで、お互いちょっと考えることができたら、良い時間になるのではないでしょうか?

ぜひ、食欲の秋に、家族で「たべる」ことを考えるきっかけにしていただければと思います。

 

紹介資料

しろくまちゃんのほっとけーき
わかやま けん/[絵],森 比左志/[文],わだ よしおみ/[文]こぐま社 1980

たべてあげる
ふくべ あきひろ/ぶん,おおの こうへい/え 教育画劇 2011.11

しらすどん』最勝寺 朋子/作・絵 岩崎書店 2021.7

いただきます。ごちそうさま。
あさの あつこ/作,加藤 休ミ/絵,東 雅夫/編 岩崎書店 2021.1

しんでくれた
谷川 俊太郎/詩,塚本 やすし/絵 佼成出版社 2014.4

カテゴリー:スタッフブログ, 児童

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です