文字サイズ
環境設定 使い方 戻る 停止 再生 次へ ふりがな

ブログ記事検索

最近の記事

カテゴリー

投稿カレンダー

2023年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

年間アーカイブ

最近のコメント

月間アーカイブ

人気のブログ記事

KCLスタッフブログ ~ブックとラック~
2023年5月8日(月)AM12:00|投稿者:KCLスタッフ

連休明けて...

こんにちは。

はじめまして、「なばな」です。

 

気づけば新緑芽吹く5月。皆様いかがお過ごしでしょうか。

ぴゅうと吹き荒れる春風の如く、新鮮で慌ただしい時期の4月はあっという間に過ぎてしまいました。

 

特に新社会人や学生だと、環境が一気に変わって連休でやっと一息つけた、という方も多いのではないでしょうか。

そうなると次にやってくるのは、「仕事(学校)行きたくない~」という五月病の影...

そんな気持ちのまま出勤したくないですよね。

 

そこで今回は、前向きな気持ちを分けてくれる、一生懸命に働く人たちの本を紹介します。

 

まずはじめにこちらの本。

大奥で働く女性たちの姿を書いた短編集です。

 

 

 

『大奥づとめ』

(永井 紗耶子/著 東京新潮社 2021)

 

 

 

大奥といえば、将軍をめぐる女性たちの戦いをイメージしそうですよね。

ですが、この本に出てくるのは、その舞台裏。

大奥を支える裏方仕事の女性たちです。

 

地味な服ばかり着ているのに、衣裳係になってしまった新人さんの話。

外見にコンプレックスを持った女性が出会った、おかめ顔の化粧をする同僚さんの話など。

 

心当たりあるかも?と言いたくなるストーリーに引き込まれ、気づけば自分が励まされています。

読み終わった後に、不思議と会社や職場の人たちの良いところが浮かんできた本です。

 

 

 

 

営業、接客、売上ノルマ。たくさんの社会人が悩まされるフレーズですよね。

ノウハウ本は数あれど、前向きな気持ちになれるかは別問題。

そんな方に読んで欲しいのがこちらです。

 

『上流階級 富久丸百貨店外商部』

(高殿 円/著 東京光文社 2013)

 

 

 

舞台は百貨店。営業、接客、売上ノルマの全てに高い水準を求められます。

主人公は洋菓子のバイトから正社員になった叩き上げの女性です。

 

しかし、ある日突然、外商部へ異動となります。

そこで待っていたのは、上流階級と呼ばれる大金持ち達と月1500万円のノルマ、そして、同僚に振り回される日々でした。

 

ハイクラスな知識や教養、無茶な要望、とんでもない額のノルマ …

聞いているだけで気が遠くなりそうな要求の数々に、根っから庶民の主人公は、一歩進んでは二歩下がる日々。

 

そんな困難だらけの状況でも、主人公は折れることなく必死であがきます。

その頑張りはさまざまな形で周囲に影響していき、次第に彼女の仕事は認められていきます。

 

主人公は決して超人ではありません。

それは本人も自覚していて、だからこそ自分に出来る全てをやろうとします。

 

その奮闘ぶりは、読んでいて心が揺り動かされます。

頑張る気持ちを分けてもらえる本です。

 

 

 

 

最後は、ちょっと変わったお仕事。

ディズニーランドの裏方であるキャストを主人公にしたお話です。

 

『ミッキーマウスの憂鬱』

(松岡 圭祐/著 東京新潮社 2005)

 

 

 

憧れのディーズニ―ランドにキャストとして採用された主人公。

ですが、夢いっぱいに飛び込んだ職場には、予想外の現実が待っていました。

更にディズニーを揺るがす大事件まで起きて…?

 

がんじがらめの規則、ハードな作業、社員格差。

この話には夢の国ディズニーランドと対比するように、会社としてのシビアな側面が書かれています。

 

フィクションではありますが、出てくる悩みやぶつかる壁は、社会人なら誰もが一度は体験していそうなものばかり。

そのリアリティに、最初は主人公と一緒に何度か落ち込むかもしれません。

 

ですが読み進めるうちに、垣間見える仕事への情熱がじわじわと心に響いてきます。

 

自分の仕事の誇りとは何か?

自分が守るべきものは何か?

 

そんな問いかけが聞こえてくるようです。

 

「大変でも、胸の張れる仕事をしよう。」そう思わせてくれる本です。

 

 

慣れない環境や予想外の仕事は、尻込みするし手探りばかりで疲れるかもしれません。

でも、今精一杯やれば得られるものがあると、

そう伝えてくれる物語があります。

 

仕事に悩んでる方もそうでない方も、是非読んでみてください。

 

 

 

<紹介資料>

『大奥づとめ』(永井 紗耶子/著 東京新潮社 2021.5  M/913.6/ナガ/)

『上流階級 富久丸百貨店外商部』(高殿 円/著 東京光文社 2013.11   913.6/タカ /)

『ミッキーマウスの憂鬱』(松岡 圭祐/著 東京新潮社 2005.3  913.6/マツ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です